ゴキブリの卵の孵化周期を知り駆除対策をしましょう

サイトマップ

トップバナー

ゴキブリの卵

卵1個に数十匹入っている

ゴキブリの卵をご覧になったことがありますか。見たことがある人は少ないと思いますが、見た瞬間にわかるほどに気持ちが悪く、少し赤褐色の色の細長い形の物が多くあります。基本的には卵1個に対して1匹しか生まれないと思いますが、ゴキブリは数十匹入っているので、孵化する事を考えるだけで虫唾が走ります。

卵を生む回数が10回程度ある

孵化することで駆除がより難しくなります。ゴキブリは卵をお腹につけた状態で動き回り、卵にとって安全な場所だと判断すると、壁や隙間に張り付けるようにし、孵化を待ちます。こういったように卵を孵化させるゴキブリもいれば、成虫の体内で育てるゴキブリも存在します。

基本的にゴキブリの卵は、20日から30日くらいで深し、幼虫の時期は1年なのですが、脱皮しながら大きくなっていくといわれています。成虫の時期に卵を生む回数が10回程度あるといわれているので、考えるだけでも恐ろしい数の繁殖をしてしまうのです。

ゴキブリのメス

ポイント

ゴキブリの牝は、一度の交尾で何度も受精した卵を産むことが出来るという性能があるので、何個も卵を産み、生命力を伸ばしていくのです。ゴキブリが幼虫の時期に駆除するか、成虫になり早い段階で駆除することが出来なければ、大変な事になることは間違いなしです。

一番は家の中に入れない事
禁止

ゴキブリの駆除は、どれほど早く、どれだけの数を減らせるかが勝負です。一番は家の中に入れない事ですが、中々難しいと思います。また、見て見ぬふりではなく、見つけたら駆除するようにしなければ、いたちごっこの繰り返しになり、更にどんどんとゴキブリが増えていくことになるでしょう。

効果的なゴキブリ駆除の基礎的知識