ゴキブリの生態を知れば駆除も可能であることを理解しましょう

サイトマップ

トップバナー

ゴキブリの習性

ゴキブリの習性と生態について知る

ゴキブリを家で見つけると駆除したいと考えると思います。その前には、ゴキブリの習性と生態について知っておかなければなりません。生態を知るとなると、駆除方法も少し変わった考えが出るかもしれません。ゴキブリが生まれてからの変化の仕方についてご紹介いたします。

幼虫から成虫へ

通常の昆虫は、卵から幼虫、さなぎから成虫という風に段階を踏んでいくのですが、ゴキブリの場合は成長過程が早く、幼虫から成虫という風になるのです。幼虫の時と成虫のときで生息している場所が同様であることが特徴になります。とても怖いことです。

良くある話ですが、夜中に電気を付けるとゴキブリに遭遇して驚くということもあると思います。経験したことがある人も多くいますが、室内のゴキブリは夜行性なので、こういった状況になることが多くあります。昼間は壁などの割れ目、裂け目などの隙間に隠れているのです。

ゴキブリの特徴

ポイント

ゴキブリは人の気配に敏感なので、夜行性になり、触覚があるので、暗くとも触覚で食べ物を探すことが出来るようです。経験があるかもしれませんが、ゴキブリは羽があるので、飛ぶことはできますが上手に飛ぶことが出来ないので、人間には逆に恐怖ですよね。

時速300kmものスピードが出る
ゴキブリの卵

チャバネゴキブリは、全く飛ぶことが出来ないようなので、安心です。人間としては少 し安心できる種類です。そういった状況になるので、移動する手段は歩くのみになってしまいます。ですが、時 速300kmものスピードが出るようなので、簡単に退治することはできません。むやみに追いかけても逆に逃げられて しまうだけなのです。退治するときはゆっくりと近づいていく必要があります。

効果的なゴキブリ駆除の基礎的知識